女性用育毛剤と髪のアンチエイジング

ハリやコシがなくなった…キレイな髪を取り戻す女性用育毛剤とアンチエイジング

*

アルコールと薄毛の関係

   

お酒が大好きな方にとってちょっと気になる噂があります。
それは、アルコールが薄毛を招くというのです。

果たしてそれは事実なのでしょうか?

そこで今回はアルコールと薄毛の関係について、ご紹介します。

飲みすぎで、薄毛に!

アルコールを大量に摂取すると、肝臓でアルコールを分解しきれなくなります。
余ったアルコールは、肝臓で、アセトアルデビドという有害物質に分解されます。
この有害物質を分解する為にシスチンというアミノ酸が働きます。
シスチンは、髪の毛を構成しているたんぱく質であるケラチンを構成しているアミノ酸の一種です。
アルコールを大量に摂取すれば、アルコールを分解する為に大量のアミノ酸が使われることとなります。

これにより、髪の毛の生成に必要不可欠なアミノ酸が不足します。
これがアルコールが薄毛を招くと言われている理由です。

またアセトアルデヒドは薄毛を促進する原因となります。
アセトアルデヒドが、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンと合体してしまうことで、薄毛となると言われています。

アルコールを大量に摂取すれば、アセトアルデヒドが大量に発生します。
そして、脱毛を促進させるデヒドロテストステロンも大量に発生することで、
より薄毛となりやすくなります。

皮脂が毛穴を詰まらせ、薄毛に!

アルコールには、糖分が含まれているものを多くあります。
糖分の過剰摂取により、皮脂の分泌量が増加し、毛穴が詰まりやすくなります。
頭皮環境が悪ければ、健やかな髪は育ちにくくなり、抜け毛も多くなります。

栄養を吸収し、薄毛に!

アルコールを分解する為には肝臓で大量のエネルギーと栄養素が必要となります。
その為、血液の中にある酸素や栄養が毛母細胞にまで行渡らなくなります。
頭皮に栄養が届かなくなれば、髪の毛は成長しなくなったり、髪が弱くなって、抜けやすくなります。

アルコールを大量に摂取すると、中性脂肪が増加します。
更年期以降は特に中性脂肪やコレステロールが増えやすくなります。
これにより、高脂血症のリスクが高まります。
高脂血症は、薄毛の要因の一つとも言われています。
ですので、特に更年期の女性の過剰な飲酒は注意が必要です。

 

程々のお酒は、抜け毛の原因にはなりません。
適量であれば逆に髪の毛に有効とも言われています。
お酒には血行促進効果があり、末端の毛母細胞までしっかりと血液を送り届けることが出来ます。

しかし、過剰な飲酒は、眠りを浅くしますので、睡眠不足となります。
髪の成長には十分な睡眠が欠かせません。
いつまでもボリュームのあるフサフサの髪をキープしたいならやはり過剰な飲酒は避けるべきと言えるでしょう。

 - 髪に悪影響なもの , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

hairbleach
髪とブリーチ

気分を変えたい時やファッションで髪色を変える人はたくさんいますが、髪色を変えるた …

tabako
タバコと薄毛について

愛煙者にとってちょっと気になる噂があります。 それは、喫煙が薄毛を招くというので …