女性用育毛剤と髪のアンチエイジング

ハリやコシがなくなった…キレイな髪を取り戻す女性用育毛剤とアンチエイジング

*

ヘアサイクルと女性の髪の一生

      2015/01/12

 

健やかな髪を育てたいなら是非、知っておきたいのが髪のサイクルについてです。
またヘアサイクルと女性の髪は、深い関わりがあるようです。
ヘアサイクルとは

私たちの人間の毛髪は、ある一定の周期で、生えたり抜けたりを繰り返しています。
これをヘアサイクルと言います。

毛根にある毛母細胞の分裂により、形成された毛髪は、ある程度、成長すると
およそ3週間の退行期に入ります。そして、次の成長期までに抜け落ちる休止期に入ります。

休止期はおよそ3カ月です。
休止期が終わると毛髪は再び数年間の成長期に入ります。

このヘアサイクルが正常に行われていれば、髪の量は、一定に保たれ、薄毛となることはありません。

成長期の期間(髪の毛の寿命)は、男性で2,5年。
女性で4,6年と言われています。

また成長期にある髪の毛の比率は、年齢が高ければその割合は低いものとなります。

毛髪の伸びるスピードとは

髪の毛が伸びる速さは、年齢や性別、体調、栄養状態により、個人差がありますが、1日平均0.35~0.4mmくらいと言われています。

また髪の毛が伸びる速さは、シーズンによっても違いがあります。
髪の毛の伸びる速度が最も早い時期は、気温が高くなる4月頃からです。
そして、7~8月にピークを迎えたら、それ以降、髪の成長は遅くなっていきます。

更に男性の場合は、20歳前後で髪の毛の成長速度は遅くなり、女性は30歳以降から髪の毛の成長速度は遅くなります。

ヘアサイクルの乱れで、薄毛に!

正常なヘアサイクルが行われている場合、成長期の期間や成長速度に大きな変化はありませんので、薄毛となることはありません。

しかし、ヘアサイクルが乱れると生えてくる毛よりも抜け落ちる毛の方が多くなっていきます。
成長期が短くなり、休止期が長く続いてしまう異常なヘアサイクルとなってしまえば、
薄毛が進行する恐れがあります。

生活習慣の乱れが、ヘアサイクルを乱す!

ヘアサイクルを乱す要因として、ストレスや喫煙、睡眠不足、肩こりなどによる血行不良、ダイエットなどがあります。
これらの良くない生活習慣により、栄養を運ぶ毛細血管に流れる血液が毛根に十分に運ばれなくなります。
これにより、毛母細胞が髪を形成しなくなり、休止期が長くなっていくのです。

ヘアサイクルと女性の髪

ヘアサイクルの乱れには、様々な要因があります。
特にヘアサイクルの乱れが起きやすいのが女性と言われています。

その理由に女性ホルモンがあります。
女性ホルモンバランスの変化により、ヘアサイクルが乱れやすくなります。
特に更年期以降は、女性ホルモンが減少しやすくなります。
そして、毛根の細胞に影響をもたらす男性ホルモン分泌量が増える為、ヘアサイクルは乱れ、薄毛が進行すると言われています。

 

ヘアサイクルとは何か。髪の毛はどのくらいの速さで成長するのか。
これらを知っておけば、ヘアサイクルの乱れに気づくことが出来ます。
そして、ヘアサイクルを乱す要因は何かもしっかり理解しておきましょう。
もし生活習慣が原因で、薄毛となっているならすぐに生活習慣を改善させましょう。

 - ヘアサイクルについて ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした