女性用育毛剤と髪のアンチエイジング

ハリやコシがなくなった…キレイな髪を取り戻す女性用育毛剤とアンチエイジング

*

髪と肝臓の関係

   

沈黙の臓器とも言われる肝臓ですが、アルコールの分解だけでなく髪にとっても体にとってもとても大切な役割を担っています。
髪の成分のほとんどは「タンパク質」。その中でも硬質ケラチンという成分です。

硬質ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されており、体内で生成出来るアミノ酸は小腸で作られ肝臓に蓄えられます。

そして肝臓で髪に必要なたんぱく質を作りだし、血液と共に毛根に運ばれます。

肝臓は他にも代謝や解毒などの働きがありますので髪や体に不要な成分を取り除いてくれます。

肝臓で生成させる栄養素は生命維持に必要な所から順番に配分されますので、肝機能が低下すると生命維持の優先順位の低い髪はタンパク質を配分してもらえなくなるのです。

つまり髪にとって肝臓はとても大切な臓器ですが、肝臓にとって髪は優先順位の低い場所。
そのため肝臓に負担のかかる食生活や生活習慣を改めないと髪はどんどん細く弱くなってしまいます。
肝臓に負担のかかる食生活とは糖分過多・塩分過多・でんぷん過多・過食・偏食・過度の飲酒など。
生活習慣では、睡眠不足・睡眠前の食事・喫煙・ストレスなど。
どれも健康によくないと言われているものばかりです。
昔から美しい人を表す言葉に「一髪二姿」と言いますが、これで納得ですね。髪が綺麗な人は健康な人が多い。

健康な人は表情も明るく肌艶もいい。髪はその人の体内を映し出す鏡なのかもしれません。
髪は毛根以外に血管も神経も通っていませんので、一度生成された髪をそれより太くコシのあるものに変える事は出来ません。

シャンプーやトリートメントは髪が傷まないように、また傷んだ髪をそれ以上悪化させないために使用するものです。
育毛剤はその毛根に作用して新しく生まれてくる髪を強くするものです。
如何に体内からの働きが大きいのかよく分かるかと思います。
真っ黒で艶のある髪は世界的に見ても憧れの髪質だそうです。
縁の下の力持ちの肝臓を大切にして女性の命とも言われる美髪を守って行きたいですね。

 - 髪の内臓の関係 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした